2016/03/29

2016年3月29日 - 雄勝

大川小学校付近から小淵山(標高371m)の峠にある釜谷トンネルを抜けると、
旧雄勝町の領域。震災前は坂を下ると市街地が開けたが、今はその大半が更地。
交差点の正面にある

「おがつ ふっかつ ぜったい勝つ!!」(大須中生徒、職員一同)
「全国の皆様ありがとうございます」(雄勝中生徒一同)

の大きな横断幕が迎えてくれた。

右折して、味噌作(みそさく)へ。震災時に完成間近だった保育所が、津波によって完成式も開所式も行うことなく廃墟となった場所を確認し、かつて友達と訪れたことがある森林公園へ向かった。残念ながら、公園は震災後ずっと閉鎖されたままだった。
一画に仮設住宅が建ち30戸ほどが入居していた。

5戸あるしゃれたコテージは扉を閉ざし、バーベキューハウスも使用できないように入り口を封鎖していた。木製のアスレチックも使用する人がいなく、どこか古びてきた感じ。もうすぐ咲くであろう桜の木々に囲まれた広場には、春というのに落ち葉があちこちに積もっていた。清掃や樹木の手入れなどがほとんど行われないままの状態が続いているように見えた。多くの生き物がいたように記憶しているが、シカ数頭が囲いの中に飼育されている程度だった。

日当りのいい場所で桜が満開に近かった。公園の周囲を流れるせせらぎに耳を澄まし、しばらく散策した。ただし、公園の入り口付近には「関係者以外立ち入り禁止」の標識。この近辺から林道を抜けて石巻市真野へ行けたが、その報告は後日にしたい。
蛇足ながら森林公園がある山の頂は標高520m。「硯上山万石浦県立自然公園」内にある。江戸時代に良質の硯石(雄勝石=玄昌石)が採れ、藩主に献上したことから「硯上山」になったといわれている。まだ登ったことはないが、眺めは半島から金華山、そして西に奥羽山脈も遠望できるという。


中学生の決意が横断幕



味噌作の造成地



森林公園内の仮設住宅



閉ざされたコテージ



アスレチックとバーベキューハウス



シカを飼育



日差しが当たる場所ではサクラが満開


0 件のコメント:

コメントを投稿